医療のファクタリング

中小企業の資金操りのために、ファクタリングというサービスが登場していますが、企業間取引での売掛金債権だけでなく、医療報酬や介護報酬などもファクタリングの対象となっているようです。

そもそも、医療報酬や介護報酬というのは社会保険診療報酬支払基金などの機関から支払われるものであり、請求してから2ヶ月程度で振込みがされるため、あまり意味がないもののように思います。

ファクタリングの比較の情報探しはそれほど難しくありません。

しかし、資金操りで失敗した介護事業者などは、その2ヶ月の間従業員の給料が払えないという事態になることもあります。
医療報酬や介護報酬についても、ファクタリングを利用することで1ヶ月から2ヶ月程度債権の回収を早めることができます。医療や介護関係の報酬は、信頼できる機関から支払われるものであるため、ファクタリング業者にとってはリスクが少なくてすむというメリットがあります。
また、2ヶ月程度ですぐに回収できるという点もプラスに働きます。



こういった債権は審査に通りやすいですし、手数料は通常の売掛金に比べると負担が軽減されています。

しかし、手数料の負担が軽減されているとはいえ、やはり銀行などの金融機関から融資を受けた場合のほうがはるかにメリットがあります。



たった2ヶ月ですので、消費者金融から借りた場合でも利息はたいしてかかりません。そのため、銀行や消費者金融から借りられるような事業者は、そちらを利用したほうがメリットがあります。


金融機関から融資を受けられないような事業者が最後の手段として利用するのがファクタリングです。

ファクタリングの実態

介護保険制度では、利用者が自己負担1割または2割を支払い、残りを介護保険の保険者に対して請求することで、介護事業所が成り立つように制度設計されています。なお、居宅介護支援事業者は長らく自己負担は求められていませんでしたが、今後利用者負担を求められる可能性は残っています。...

more

ファクタリングの最新情報

介護給付金ファクタリングは、介護施設などで発生する介護サービスの料金を早く回収するためにその給付金の請求権を債権会社に売却することで早期に現金を回収する方法です。介護給付金制度は介護サービスを行った後サービスの対価を保険事業者に請求することで、その内容を審査した後給付金が事業者に支払われることになります。...

more

ファクタリングの専門知識

際限なく介護給付金のファクタリングを活用することによって陥るのは、手持ちの債権が皆無になってしまう結末です。介護給付金のファクタリングさえ利用できなくなってしまえば、ありとあらゆる事態に備えることができず運営の安定感がなくなります。...

more

初心者向きファクタリング

介護給付金とは、被保険者が家族を介護する為に休みを取る時に給付されるお金のことです。65歳になっていないこと、休暇申請の前日から2年間のうち11日以上働いている月が1年以上あるなどの条件を満たしていれば申請することができます。...

more