介護給付金でファクタリングを利用すること

介護保険制度では、利用者が自己負担1割または2割を支払い、残りを介護保険の保険者に対して請求することで、介護事業所が成り立つように制度設計されています。


なお、居宅介護支援事業者は長らく自己負担は求められていませんでしたが、今後利用者負担を求められる可能性は残っています。

このように、利用者負担だけでは賄えない制度ですので、保険者からの介護給付金が主な収入となって制度運営がなされているものです。
一般的に介護の事業は赤字が出やすく、長く続けることは難しいとされています。

資金繰りも厳しい場合があり、借り入れるのも一苦労です。


このようなときに、将来に発生するであろう介護給付金を元にしてファクタリングを利用して事業の運営資金の調達が出来るところも存在します。
ただ、ファクタリングによる借り入れでは利用者が減少した場合には、介護給付金による返済が厳しくなる自体も想定されるところです。

様々な分野のおすすめのファクタリング情報を豊富に提供しています。

したがって、ある程度は事業が軌道に乗ることを前提にしての貸し出しになっています。ファクタリングでは、介護保険制度の変更も見据えての対応になりますので、特に介護報酬の引き下げなどに敏感です。



一定の収入がある程度は見込めるようなサービスでないとなかなか難しい現実も出てきます。
特養などの施設であれば収入が継続して得られることが分かるためファクタリングがしやすい一方、在宅系については条件が厳しいものもあることに利用者は注意をしなければいけません。